プリザーブドフラワーがあるということ

私達がよく知っている押し花やドライフラワーのように、花を長い時間美しく保つための加工の手段としてプリザーブドフラワーが注目されています。押し花は古典的な手法であり、比較的小さな花は草花でしかこの方法は使えません。あまりに大きな押し花は、恐らく皆さん見たことがないでしょう。またドライフラワーは、保存期間にかけては文句なしとも言える長さを誇っていますが、如何せん水分がない分鮮度の上で見劣りすることは否めません。ですが開発されてまだ間もない、新しい技術であるこのプリザーブドフラワーは、こうした従来の加工における難点を見事に克服したものとも言えます。プリザーブドフラワーは見た目生花と見間違うほどの美しさと、新鮮さを保っています。また保存状態が良ければ、十年またはそれ以上に長く保管でき、まさにその技術の高さには驚かされることでしょう。花を長く、そして美しく保ちたいと考えてきた人間の願望が、こうした努力によって見事に結晶したものだと言ってもいいでしょう。この神秘的とも言えるプリザーブドフラワーについて、皆さんにもっと知ってもらうべく、紹介していきたいと思います。


上でも紹介したとおり、そもそもプリザーブドフラワーや押し花、それにアートフラワーやドライフラワーといった花への加工技術が考え出され、そして発展していったのも、そもそもその出発点は、いつまでも花の美しさを楽しみ、愛し続けていたいと願う人類の古来からの願望からでした。花の最も美しく、そして最も新鮮で瑞瑞しい状態は、実は長い時間保つことはできません。ですが、プリザーブドフラワーが従来の加工技術と異なる点は、花のまさに一番美しい状態を保っていられること。しかもそもメカニズム上、他の人工的なものか何かに頼るのではなく、花が自らの力で有機物や色素といった必要な成分を吸収し、そうすることでその美しさと瑞瑞しさを保つ点です。そうして十数年という驚くべき長い時間、美しさと新鮮さとを保つことができるのです。皆さんは花がかくも長い時間美しさを保つことができるなんて、一見信じられない話に聞こえるでしょう。ですがこれこそプリザーブドフラワーの生み出した神秘だと言うことができます。

皆さんは実際にプリザーブドフラワーを見たことがありますか。恐らく皆さんの身近なところで、尚且つ皆さんに気づかれないまま、プリザーブドフラワーが存在しているのではないかと思います。言い換えれば皆さんのそばの身近なところにプリザーブドフラワーはあるのだけれども、皆さんが単に気づいてないだけなのかもしれません。そしてもし皆さんが実際にプリザーブドフラワーを目にし、手に触ってみたら、そのあまりの美しさとリアリティーにきっと驚くことでしょう。そして恐らく本物の生花と見分けがつかないことでしょう。
プリザーブドフラワーと何かをセットでプレゼントする人も多いようです。女性の友達同士やお母さんへのプレゼントであればシアバターやスキンケア商品と一緒にあげたり、彼女へのプレゼントであればアクセサリーとセットというのもあるようです。
かくも不思議なプリザーブドフラワーですが、皆さんは恐らくこのプリザーブドフラワーの保存方法や手入れがかなり難しいものだと考えているかもしれません。ですが実際のところこのプリザーブドフラワーは本物の生花と異なり、水を与える必要がないのです。寧ろプリザーブドフラワーは湿気を嫌うので水をやってはいけません。また例えば緑とか黒などといった現実には無い色合いの花を、このプリザーブドフラワーでは作り出すことができます。非常に芸術的且つ創作的要素の強い花とも言えるでしょう。

ここまで簡単にプリザーブドフラワーについて紹介しました。皆さんはプリザーブドフラワーについて興味をお持ちになりましたか。そしてもっとプリザーブドフラワーについて知りたいと思うようになりましたか。もしそうでしたら、私達にとっても幸いです。皆さんがこれをきっかけにプリザーブドフラワーに興味を持ち、そして身の回りの花や草木への関心を高めてくださったら、それが何よりだと思います。

注目サイト

浜松の美味しい餃子
http://www.ishimatsu-gyoza.co.jp/

最終更新日:2016/11/25